前へ
次へ

高齢社会を教育で解決する

日本は高齢社会として、高齢者の人口が増えていますが、子供の人口は減っており、少子高齢社会でもあります。少子化が進行すると学校等が利用されずに廃校になってしまう事がありますが、高齢者の方が教育を受ける機会を増やせば、学校という存在を有効活用する事が可能です。高齢者になると若い時には想像できないぐらいに、身体のあらゆる所に不調が発生する事がありますが、不調の中でも特に大変なのが認知症です。日本は認知症患者の数も増加する可能性があるので、認知症を防ぐ為にも適度な運動と適度な教育を受ける機会が必要になります。若者だけでなく、高齢者の方が色々な教育を受ける事で、ハイテク化していく社会に置いてけぼりにされずに、しっかり対応できるようになれますから、特に日本では高齢者の教育が大切になってきます。子供や若い人だけが勉強をするようなイメージをチェンジする必要があり、国や地方自治体の他に民間も協力して意識を変えていく事が大切です。

Page Top