前へ
次へ

学級崩壊立て直しに成功した教育内容とは

現在は、従来に比べると学級崩壊の言葉が社会に少なくなってきていますが、外から見えにくい教育機関の中には、学級崩壊を引き起こしている学校も存在します。少なくなっている理由は、ゆとりが改められ、子供達の勉強に対する意識が高まったからだとも言われているのです。ゆとりの弊害は、社会の問題として取り上げられてきた内容でもあり、親の意識改革が、家庭内の教育に良い結果を生み出している場合もあるでしょう。ある学校のクラスにおいて、学級崩壊で悩みを抱えていました。そこに派遣されたのが、改革に積極的で手腕のある先生です。その先生は、まず始めに、一人一人に対して自己紹介をさせました。すると、全く話すことができない子供達であり、周りの目を気にし、突然泣いてしまう子供も現れたのです。その先生は、客観的な視線に不安な子供達が多い事実に気づき、発想を変え、子供1人教壇に立たせ、良い点について一人一人に言葉を発する教育を始めました。これを毎日繰り返したところ、学級崩壊が改善され、普通の状況よりも質の高いクラスに生まれ変わったのです。

Page Top