前へ
次へ

しかるべき言語の教育を施すためにも

世界共通言語として知られている英語、もしくはだんだん使われてきた中国語などを子供のうちに教育しておき

more

高齢社会を教育で解決する

日本は高齢社会として、高齢者の人口が増えていますが、子供の人口は減っており、少子高齢社会でもあります

more

お子様の教育資金を準備しよう

待望の赤ちゃんが産まれたら、十分な教育を付けてあげるために、計画的に教育資金を貯める必要があります。

more

教育格差は世代に引き継がれる可能性が高い

日本国憲法において教育を受けさせる義務があります。これは両親が子供に対して義務を負うことを示し、それに伴い小学校や中学校に通わせることは義務になりますので、小学校や中学校に行かせないというのは憲法違反ということになるわけです。小学校や中学校に行ったからと言って、教育における格差が縮まるのかというとそういう訳ではないということです。熱心なところであれば公立の学校ではなく、私立や国立の学校に行かせるということがあります。後者の学校を選ぶのであれば、前者よりも学費が高いですので、それだけ通う人を選ぶ結果になっています。子供の親が所得が高ければ高いほど、学校の選択の自由が広がりますので、子供にとっていい場所を選ぶことが可能です。親が高学歴の家族というのは、教育水準が高いことが予想されますので、どちらかというといい学校に行かせたがります。学力が高ければ高いほど、いい大学に行っていい会社に入ったほうが成功しやすいということが分かります。そのために習い事に励んだり、塾に行かせるということが当たり前になってくるでしょう。いいところで学んでいると友達も同じような価値観であることが多いですので、より成長する可能性が高くなります。いいところで学ぶということは、切磋琢磨して成長することができるということです。それに対して、親が中卒や高卒などどちらかというと低学歴の家族というのは、それほど教育水準が高くないことが予想されます。水準が低いから、自分で意欲的に勉強できないでしょうし、両親が勉強についてあれこれと言わない可能性があります。もしかすると、勉強するくらいならとっとと働けと言われる可能性すらあります。低学歴の家族は所得が低いことが考えられますので、塾に行かせる余裕がないでしょうし、大学に行かせるお金が無いこともあるでしょう。低学歴の家族に生まれた人が今度は親になるわけですので、更に水準が低くなるという連鎖が生まれてきます。

LINEや電話による見積もり・査定も可能です
LINEや電話にて商品の画像や教材名などの情報を伝えると、すぐに査定金額を教えてくれます。

少人数制のクラスのため1人1人に目が行き届きます
1教諭につき10人前後の子どもが定員となっているので、1人1人に行き届いたケアが可能です。

家で学べるから安心
通う心配いらずのネット専門オンライン塾「イエヨビ」です

効果的なインプット&アウトプット学習
イエヨビが映像授業でご提供します

海外旅行の前に英語を身につけたい
短期間で学べるケンペネEnglishをぜひご利用ください

Page Top